基礎的知識を押さえておけば借用書の書き方もむつかしくない!

サイトマップ

トップバナー

日付が不明な場合の借用書の書き方

借用書の書き方の基礎的知識をお持ちですか?ここでは、借用書を書く際に一般的に起こりやすい状況に適した、書き方の基礎的知識を6つご紹介致します。まず、始めにご紹介致しますのは、日付が不明である場合の借用書の書き方の基礎的知識です。金銭授受の日にちを忘れてしまった際に、無理不正確な日にちを書かないように、金銭借用書の書き方に注意しなければならない事を基礎的知識として知っておかなければなりません。

万が一、間違った日付で借用書に記載してしまうと、「その日は現金を受けとっていない」等と言う言い訳を相手にされてしまう可能性があるので、不正確 な事を書かず、判明している範囲で記載しなければならないという事を借用書の書き方の基礎的知識として押さえ ましょう。また、何回かに分けて返済する場合についてですが、金銭の授受があった日にちを明確に覚えているのであれば、そ の日付を記載しましょう。このように細かいことなのですが、借用書に効力をもたせ、しっかりとしたものにするためには必要な作業に なりますので、しっかりとした基礎的知識が必要になってきます。

ペン
可能な限り日付を特定

借用書を書く際に、日付を明確に覚えていないのであれば、可能な限り日付を特定し、いつからいつまでの時間に貸したお金であるかをできるだけ明確にしたのちに、借用書に記載しなければならない事も書き方の基礎的知識として知っておきましょう。また、何度も貸し借りを行っている相手との間の借用書を作成する場合にも、いつの借金の借用書であるかをはっきりとしなければならないという事も借用書の書き方の基礎的知識として知っておくと役に立ちます。

大きなトラブルに発展も

また、日付を明確にしていない借用書を作成してしまう事によって、「あの時に借りた分は返済した」というような大きなトラブルに発展してしまう可能性がある事を借用書の書き方の基礎的知識の注意すべき点として押さえておきましょう。金額のみを明示し、いつの借金であるのか曖昧な状態で作成された借用書の書き方を目にする事がありますが、こういった借用書はトラブルの元になる事も基礎的知識として知っておかなければなりません。

その2費用負担についての金銭借用書の書き方

書類

費用を負担する際の借用書の書き方の基礎的知識をご紹介いたします。まず、借用書は貸金債権と費用負担の問題を、きちんと分けた書き方をしなければならない事を基礎的知識として覚えておきましょう。金銭貸し借り契約に基づいた、貸金債権とは、実際に金銭が授受された事が前提になっている事を基礎的知識として覚えておきましょう。

これは当事者の間で、お金を返すという合意がされたときに、発生した債権の事を表している事も基礎的知識として知っておきましょう。この貸金債権として金額が利息を含め、計算したのちに、元金となることを借用書の書き方の基礎的知識として知っておきましょう。

費用負担の問題

ポイント この借用書の書き方で発生してくる、費用負担の問題などは、契約者作成費用や、収入印紙代等を含めた費用を、当事者のどちらが負担するかという事も借用書の書き方として気を付けなければならない基礎的知識になります。

例えば、ある事務所に払った書面作成の費用を相手から回収する借用書の書き方として覚えておかなければならないのは、借用書を作成する際に 、債務者の負担とするという条件を入れなければならない事も借用書の書き方の基礎的知識になります。相手の出方次第で、費用負担を相手に するかどうかを決めたいのであれば、これも、費用負担についての条項を入れた借用書の書き方をしなければならない事を基礎的知識として知っておきましょう。 ほんの一つの項目を落としただけでも、その借用書が最悪、自分の敵になりかねないのです。

相互リンク
ポスティング
格安畳ベッドなら家具屋のベッド、モモダへ

その3利息の利率に対する借用書の書き方

ペンで書く

利息を取る際には、利息を取る旨を定めなければなられない事を、借用書の書き方の基礎的知識としてしりましょう。なので、利息を得る場合には、利率を決め、金銭借用書にきちんとした書き方で記載しなければならない事も基礎的知識になります。また、利率は利息制限法の上限を守らなければなりません。

また、利息を利率ではなく、固定額として記載する借用書の書き方が多くるのも基礎的知識です。例を挙げると、「利息は10万円」と 指定するといった借用書の書き方をしている物があるという事も基礎的知識として知っておきましょう。ですが、こういった借 用書は基本的に、分割払いで制限された利益喪失約款がついている場合には、利息制限法に触れている可能性があるので問題が出て くるのので注意が必要です。ですので、利息額と分割回数から利率をしっかりと計算して、それが利息制限法に抵触していないかを 調べておく必要が貸主にあります。

利息制限法

ポイント制限された利益喪失約款がついている契約では、債務者が3ヵ月目で支払を怠った場合に、期限の利益を失ってしまうと、その時点で固定利息を含めて金額の支払い期限が到来するという借用書の書き方となっている事も基礎的知識です。なので、たった3ヵ月の利息が10万円になってしまうという事になり、利息制限法に違反してしまうという結果になってしまうので、注意しなければなりません。

当事者の温情により、「利息は10万を制限にする」という内容があるのであれば、書き方に工夫を加えなければならない事を借用書の書き方の基礎的知識と して押さえておきましょう。例えば「利息は年間○%」というような明確な利率で決めた上で、但書で「ただし10万を超え たら10万を超える部分を免除する」といったように借用書の書き方には工夫を加えなければならないのも基礎的知識です。 このように事前にしっかりと何を条件とするか、何を書くか、という部分をしっかりと準備してから借用書を書かないと 間違えると無効になる部分がでることもあるのです。無効になってしまうと口約束よりもこちらのほうが優先されますので、 貸している人が逆に損をしかねないのです。

相互リンク
無料電話法律相談~男女トラブル
英会話のベストフォーワード

その4利息の計算と支払方法に対する借用書の書き方

指さしする男性

分割払いの場合、利息の計算、支払い方法については、個人の間での金銭消費貸し借りであれば、大きく分けて元金均等払いと、元利均等払いというものに分けられる事を借用書の書き方の基礎的知識として押さえておきましょう。また、利息の計算、支払いの方法について、何も記載していない借用書を目にする事がありますが、どういった計算と支払の方法を採用しているかによって、利息の合計額が異なってくる事を基礎的知識として知っておくと、お互いにとってより良い借用書の書き方が出来きるのも基礎的知識です。

また、分割の回数、毎月の支払額といった点でも違いが出てきてしまうので、この点も借用書の書き方で注意しな ければならない基礎的知識となります。あなたの設定した内容で本当に正しいのか、借用書の書き方の基礎的知識を何度も見直し ながら確認する必要があります。まずは、今の説明の通り、元金均等払いと元利均等払いのどちらにするかをよく話し合いを して決め、書くべき必要事項を書き出して下書きするとよいです。

元金均などの支払い

ポイント元金均などの支払いは、毎月均等に一定の金額を充当し、利息は残元金に対した一定率の割合で計算する方法となっている事も基礎的知識になります。また、計算されたのちに、元金と融合する事によって、支払っていく方法となっているので、借用書にこの方法を利用する際には、書き方に気を付けなければならないのも基礎的知識です。

元利均等払いとは、毎期の利息と元金の一部を融合させた一定額を毎月均等に支払う方法となっています。 毎月の支払額は一定となりますが、その内訳の元金充当分と利息充当分は毎月異なっている事を 借用書の基礎的知識として覚えておきましょう。この場合、支払いの元金が減っていけば、 利息部分が少なくなっていくこともあるのです。これは残りの支払うべき残高に対して利息がかかるので、 残高が減れば、その分、利息も減るのです。当然残高が少なく最後の辺りの支払いになると、利息は ほぼない、ということになるのです。

相互リンク
http://i-eigo.net

その5準消費貸借についての借用書の書き方

拳を上げる男性

準浪費貸し借り契約とは、消費貸し借りを利用せずに、金銭を給付しなければならない人が、相手との契約によってその義務を金銭の浪費貸し借り契約として引き直すという契約になっている事を基礎的知識として覚えておきましょう。また、金銭消費貸し借り契約を利用していない債務のことを、借用書という表現で表し、当然の様に金銭消費貸し借り上の貸付金を受け取ったかのように見せている借用書の書き方を悪用している人がいる事も基礎的知識として覚えておかなければならない点です。

例を挙げれば、相手が払わなければならないお金を立て替えた際に、そのお金の返還債務は、法的には金銭消費貸し借り契約という扱いではなく、不当利益返還請求となってしまう事を借用書の基礎的知識として知っておかなければなりません。なので、そういった立て替えた金銭を、金銭消費貸し借りとしたい場合には、準消費貸し借りの合意が必要となる事も借用書の書き方の基礎的知識です。

債務の借用書の内容を事細かに明確に

ポイント注意しなければならないのは、新契約を行った借用書には、昔使用していた債務の借用書の内容を事細かに明確にしなければならないという点である事を書き方の基礎的知識として押さえましょう。どうしてかというと、どの債務を利用し、金銭消費貸し借り契約に代わっていったのかという点を明確にしなければならないからです。

例を挙げると、売掛代金によって、準消費貸し借り契約の借用書を書く際には、金額、商品名、い つからいつまでの間に売買された物であるかの詳細を記載した書き方をしなければならない 事も借用書の書き方に必要な基礎的知識です。また、準消費貸し借り契約の基礎になってい る旧債務に、制限はされていませんが、設け金などで公序良俗に違反してしまった債務につ いては認められない事が多くあるのも基礎的知識です。認められない項目については特に注意しないと 借用書が無効になりますので、気をつけましょう。いくら借用書に記載しているとはいえ、すべてが法律的に有効になるとは 限らないのです。ヘタするとその借用書が元で相手から訴えられて損害賠償にあることすらありえるので、慎重になりましょう。

相互リンク
葉巻

その6遅延賠償についての借用書の書き方

考える女性

遅延賠償について、借用書に記載がされていなくとも、法定利率によって賠償請求を行う事は可能ですが、法定利率と異なった率の遅延賠償を決める際には、必ず借用書に記載しなければならない事を書き方の基礎的知識として知っておかなければなりません。また、遅延賠償は債務者に対するペナルティーとも言われているので、法定利率の場合であれば、借用書にきちんと記載する事が大切になる事を書き方の基礎的知識として押さえておきましょう。

また、期日が過ぎてしまった際には、利息という形ではなく遅延賠償に性質が変化する事を借用書の基礎的知識として押さえておかなければなりません。また、利息と遅延賠償は法から見ると別物となっています。利息は、基本的に期日までの元本の利用料となる物で、これに対して遅延賠償は期日が終わった後の損害を求める為のものだという事も借用書の書き方の基礎的知識として理解しておかなければなりません。

遅延賠償の利率の方が低く設定された借用書

ポイントまれに利息に対しての利率よりも、遅延賠償の利率の方が低く設定された書き方の借用書がある事があるのですが、基本的にこの借用書の書き方は一般的ではないという事を基礎的知識として知っておく必要があるでしょう。理由は、支払を遅延した人が、反対に低い率の賠償のみで済むというのは、少し矛盾しているからです。借用書の書き方として大切なのは、きちんと定めた金なりが必要だという事も基礎的知識になります。

また、遅延賠償の率を決める際に、利息の利率と同様であるか、それよりも高い率になるように設定した借用書の書き方を行うのであれば、法的に大丈夫 なように注意をしなければならないという事も基礎的知識です。更に、遅延賠償の律に対しても利息制限法の上限が定められているので、そういった事にも 気を付けながら行わなければならないのも基礎的知識です。借用書と簡単に言ってもこれだけの沢山のカバーすべきことがあるのです。ポイントをしっかりつかんで しっかりとした有効なものを作成するようにしましょうね。ここまでご紹介した、様々な場面に合わせた借用書の書き方の基礎的知識が多くの方にご参 考にして頂ければ幸いです。