借用書は効力のある重要な書類と覚えておきましょう

サイトマップ

トップバナー

借用書とは

金銭消費貸借契約書

借用書という言葉は、現在では多く知られています。耳にした事がある人も多いのではないでしょうか。借用書とはどういったものであるのかを、ご説明致します。お金を貸している事務局などに頼み込んで、やっと借用書が作成され、お金を借りる事が出来るといったドラマなどで、つけられたイメージが多くあるのかもしれません。借用書の正式名称は、“金銭消費貸借契約書”という名前だという事を覚えておきましょう。

署名と捺印が必要

また、借用書は、お金の貸し借りをする際に、必要不可欠な借用書となっています。貸した、借りたを証明する役割を持った、大切な書類となっているのです。署名と捺印が必要になるので、覚えておくとよいでしょう。また、借用書と金銭消費貸借契約書の違いは、どういった点があるのでしょうか。借用書は、お金を借りた人が、「何月何日に誰からお金を借りました。」という一方的な書面となっています。

ですが、金銭消費貸借契約書は、お金を貸す側の人が借金をする人と話し 合い、お金を返す期限や、利息、お金を返す方法を決定し、貸す側の人間と借りる側 の人間が直筆で署名し、捺印しなければならない契約書となっています。また 、その借金に連帯保証人が存在しているのであれば、その人にも署 名と捺印をもらわなければ、効力のない金銭消費貸借契約書となってしまうので、注意が必要です。 契約書が詳細に書かれていると、捺印がなくてもよい、と勘違いしている人も多いので注意しましょう。

効力のある契約書を

ポイント

どれほど信頼している人にお金を貸す際でも、貸した証拠になる借用書、または金銭消費貸借契約書は記載してもらった方がよいでしょう。もしも、お金が返ってこないといった事になってしまうと、損をするのは貸したあなたです。借用書や金銭消費貸借契約書を依頼する際には、少し信頼が減ってしまう可能性もありますが、“お金の切れ目は縁の切れ目”というように、どれだけ信頼している人でも、何が起こるかわからないのです。

強制執行する事が可能
問い合わせ

備えておく他ないでしょう。ですが、借用書は法的な効力がある訳ではないのです。回収ま でに、見越したいのであれば、公正証書を作成した方が効果的でしょう。この契約書は、“強制執行されても構 いません”という記載をしておくことによって、返済不能になった場合に強制執行する事が可能となっています。 これを記載すると、裁判を起こし、成立した際に回収するという手間を省けます。借主は案外簡単に考えている借用書ですが、このくらいの大きな威力を 持っているのです。ただのスーパーのチラシの裏に書いた物でも、ポイントを押さえておけば立派な借用書になります。

借用書の書き方の基礎的知識