確実な返済のために効果的な書類の作り方を学びましょう

サイトマップ

トップバナー

金銭準消費貸借契約書と債務承認弁済契約書

売掛金の債権

商品の売掛金を回収する際、滞ったときには商品取引を行う上での債権を基本的な金 銭貸借に置き換える為の金銭準浪費貸借契約書を発行しなければなりません。金銭貸 借契約書は、単純なお金の貸し借りの際に作成される物ですが、金銭準浪費退社契 約書は、売掛金の債権等を消費貸借するというものです。例を挙げれば、商 品の売り上げ上、売掛金の回収が滞ってしまった場合についてです。他にも様々なケースで 売掛金が発生してくる場合があります。そのケース次第で書類が必要な場合は都度、用意する必要があります。

確実な返済のスケジュール

帳簿による債権の証拠をする事は可能になりますが、言い逃れをしようとすると心許ないというケースがあります。また、売掛金の消滅時効は2年間ととても短いので、時効で回収する事出来なくなってしまいます。こういったケースでは、売掛金の返済期限を延ばす代わりに、個人の保障を行ってくれる金銭準消費貸借契約書を作成し、確実な返済のスケジュールを立てなければなりません。また、商事の金銭準貸借浪費契約の際の消滅時効は5年間にまで伸ばす事が出来るので、もしもの事が起こっても、対処法としての選択肢が豊富に増えるという事です。

債務弁済契約書とは、契約の際に、一方に金銭債務がある事を認め、返済条件を定める契約書となっています。過去の金銭退社の契約が行われずに滞っているのであれば、債務承認弁済契約を結び、新しい利息と返済条件を設定する事が出来るという方法も損じ愛します。また、金銭消費貸借契約の内容を見直し、新しく契約する際にも、債務弁済契約書が必要になります。更に、損害賠償と慰謝料の支払いを認める事によって、その支払い条件を決める際にも、債務弁済契約書を作らなければなりません。

金銭準浪費貸借契約や債務弁済契約に強制力を持たせる

ポイント

契約している金額がとても大きな額になってしまう際や、分割返済の扱いとなる場合には、金銭準浪費貸借契約や、債務弁済契約を公正証書するという方法もあります。また、公正証書の作成は、公正役場で作成しなければならないという事を覚えておきましょう。公正証書は、裁判の確定判決と同様の効力を期待できる物となっているので、指定された期限までに返済しなければ、裁判ではなく書類で差し押さえを行う事が可能となっています。

確実に返済に意識を付ける
手帳

公正証書を作成する事によって、先に述べた威力を知っている人であれば、確実に返済に意識を付 けるという効果も見込めるものとなっているのです。また、強制執行の効果を発揮する為には、公正証書に、“強制執行認諾文言”とい う言葉を付け加えなければ意味がなくなるので、忘れないように気を付けて作成しましょう。こういった知識を持つ事によ って、より効果的な書類を作る事が出来るのです。専門家だけに頼るのでなく、自分でもしっかり知識を得るようにしましょうね。

借用書の書き方の基礎的知識