お互いのトラブル回避としての借用書と契約書の大切さを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

家族や友人との借用書

苦痛になってしまう可能性

仲のいい友人や、身内(家族)などで行われる金銭の貸借は、借用書を作成する事自体が珍しい事となっていると思います。ですが、親しい間柄であるからこそ、金銭借用書を作成する必要がある物だと、私は思います。身内や、友人であれば、返済を行ってほしくても、「お金を返して」と伝える事が苦痛になってしまう可能性がとても高くなってしまうからです。あなたの負担が増えてしまいます。

明確に記載する事

また、借用書を作成しなかった事によって、支払いの期限を明確にする事が出来ないという問題が浮かび上がってきます。また、お金を返してほしくても催促する事が出来ないというような、本来は堂々としていていいはずの、お金を貸した側の人間が気を使わなければならなくなってしまうのです。あなたがお金を出しているのに、このような小さい事で心病んでいては仕方がないですよね。

借用書の雛形や、借用書の書式についてですが、金額は勿論のことですが、支払の期日、支払い期限、お互いの住所、指名、ハンコを、きちんと記載しなければならないのです。他に必要とされる記載内容があるのであれば、明確に記載する事が大切になります。また、金額によって収入印紙の値段も異なってくるので、支払いが滞った際の対処も、取り決めておくとより効果的です。

借用書から公正証書へ

ポイント

借用書は、後々のトラブルを回避する為には、必要不可欠な書類だと考え、どれほど親しい間柄でも、作成するようにしなければなりません。あとで、「決定した」、「してない」、「貸した」、「借りてない」という争いになってしまっては元も子もありません。こういったトラブルは貸借の中で、1番起こりやすい問題となっているのです。

公正証書にしておく
笑う男性

親しい友人、家族であれば、お互いに気を使い公証役場で公証証書を作成する 事は、難しいかと思いますが、お互いの為にもなる借用書を、公正証書にしておくことは大切な事 です。明確な借用書を作れないのであれば、金銭の貸し借りについて、今一度考えさなければな りません。借用書で明確にする事が出来ない相手であれば、どれほど親しい事柄であっても 、気を許してはダメだという事です。お金とは人間関係を壊しかねない恐ろしいものです。 ですので、借用書でしっかりと区別をつける必要があるのです。

借用書の書き方の基礎的知識