どういう時に借用書が必要なのか理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

借用書の使い方

債務履行請求

借用書を使用する場面は、どのような状況に置かれた際に使用するのでしょうか。様々な想像をする事が出来ると思いますが、実際はとてもシンプルな状況で、借用書が必要になるケースは、2つに分ける事が可能です。1つ目は、借主が否定した時です。これは、借りている人間が「お金なんて借りてない」という発言をした際です。たまに勘違いが起こっている事もあるようですが、大体が身内や知人、借主の周りにいる人に対して、債務履行請求が正当である事を主張する為に使用される事が多くあります。

法的措置を得る際の証明

2つ目は、法的措置を得る際の証明のための資料として使用されます。裁判で訴える際に、請求の原因について、質問されます。もちろん、お金を返して貰っていない事が原因となっているのですが、その証拠として正当な物が必要となるのです。その証拠として使用されるのが、借用書となります。まず、裁判には申立書を記載する債権の証明を基に、処理が進められていくので、借用書は申立書を書く瞬間のみで、必要なものとなります。

気になるのは、法的措置及び裁判を起こす際の場合ですよね。借主が借金を否定した際に、裁判所へ願い 出る際には、支払い督促という申立を行わなければなりません。お金を貸す際に、前もって作成した借用書 を添付書類として提出すればいいという事からも、借用書には余計な文面を記載 しない方が効果的です。ということは、借用書は金銭貸借が実情として存在しているのか、してい ないのかを判定する為の材料となっているのです。このように借用書は裁判所を通して、支払い督促の際にも 必要になってくる重要な書類ですので、作成時に書き忘れや文章を書きすぎていないか、など十分に確認 する必要があるのです。

借用書がないと困る事

ポイント

借用書がないと困ってしまう事は、あります。借主が「借りてない」と否定した際に、借用書を紛失してしまったり、作成していなかった場合に、借主は「借用書がないから、借金はチャラだ」と思ってしまう可能性が高くなります。貸借の事実が全て否定される事になりかねません。また、法的には書類がなくとも契約は成立すると記載れているので、借用書がなくても有効な契約ですが、当人同士が認めている事が必要条件となります。

お互いに貸借を認めている事が大切
おじぎをする

法的な面で判断するのではなく、お互いに貸借を認めている事が大切 なのです。証拠がない理由で否定する相手からは、証拠があったとしてもお金を取り返す 事はとても難しいという事を覚えておいてください。証拠があれば貸した事実を否定 されないという事が役立つことは、3つあります。例をあげると、法的な債務整理の申請 をした時、身内や関係者から貸主を敵対しているとき、第三者から弁済を受ける際には、有効になります。 このような条件がありますので、しっかりと基礎的な知識をみにつけておかなければならないのです。 ケースによって法律は様々に参照する必要があります。借りる側よりも貸す側のほうが作業も責任も大きくなることも 知っておきましょう。

借用書の書き方の基礎的知識