家族である両親との契約書は最低限のマナーもあることを覚えておきましょう

サイトマップ

トップバナー

両親と借用書

借用書を要求される可能性

家を建築するとか、事業を始めるなどの理由で、両親からお金を借りるという事は良くある事だと思います。私自身このような行為を悪いとは言いません。将来の為に親を頼るという行為は、むしろいいことだと思います。ですが、このような状況で、借用書を要求される可能性は、とても高いのです。きちんとした計画を持って、我が子なりの素晴らしい成果を出してほしいという背景があるからです。

両親が借用書を求める理由

両親が借用書を求める理由は、かなりデリケートな部分かもしれません。先ほど書いたような両親が我が子を思う気持ちが全てという訳ではありません。返済できる可能性が低いと思われているから、借用書を要求している場合も、少なからずあるという事になります。個人的な考えですが、両親から借用書を要求されるのであれば、そういった際には、借りない方が良いでしょう。目的が達成できないのであれば、公庫などで借りた方が良いと思います。

その理由は、含蓄のあるお金を借りると、そのお金で作成した家や会社にあれこれ、口を出してくる可能性がとても高くなってしまうというデメリットがあります。それは、気分面での問題だけではなく、金額に関係なしに借用書という紙1枚で、物事の決定権が亡くなってしまう事から親族の序列が産まれてしまう事は確かな事なのです。多くの方が両親にお金を借りれたことはよかったのですが、そのあとが大変だった。と体験談を語っています。

両親からの借用書

ポイント

子供のことを想っている両親が、気合を入れてもらう為に、「借用書を書いてくれ」とあなたに告げたらどうしますか?まず、「借用書は信頼していない証、自分の子供が信頼できない」などという事は、絶対に両親に述べてはならない事です。思う事も、あまりオススメしません。あなたのことを想って、借用書を要求している場合もあるのですから、両親の心を受け止めなければなりません。

体裁のみは取り繕った方が無難
足をつまむ

両親は、法的な縛りをあなたに着せようとしている訳ではないのです。親子間での借 用書は、複雑に明確な事を記載する必要は少なくなりますが、せめて、体裁のみは取り繕った方が無難だと いわれています。また、単純に「色々干渉されたくないから両親には借りない」という考えを持っている 人も多くいます。5桁6桁の金額であれば、友人やサラ金でもよいかもしれません。ですが、7桁8桁の 額となると、信頼のおける両親の方が安全でしょう。親子の間で借用書と考えると何か相手を信頼していないようですが、 やはり金銭の貸し借りはしっかり行った方が両方のためなのです。

借用書の書き方の基礎的知識