借用書には書き方にも様々なルールがあるということを覚えておきましょう

サイトマップ

トップバナー

借用書の文言の意味と書く順序

借金の事実を否定する人

まず、記載する冒頭に“借用書”と記載する事を忘れなければなりません。お互いが貸し借りの内容を、正確に守る事が出来るという保証があるのであれば、借用書は作成しなくてもよいしょう。ですが、借りた借りていないの言い合いで、借金の事実を否定するような人間もいます。そういった事に備える為に、借用書を作成しなければなりません。借用書を作成する際には、用紙が必要になります。

直筆の署名で

要旨は、借用書と冒頭に記載しなければ、何の契約かわからなくなっていまいます。更に、当事者の名前が必要になります。どっちがどの役割をしたのかわからなくなるので、貸した人は、“貸主:金化造”借りた人には、“借主:金借雄”といったように、当事者の名前を分けて書かなければなりません。ですが、名前のみでは、同性同盟だととぼける人もいるので、住所も記載してください。また、住所は記名ではなく、直筆の署名でやってもらわなければなりません。

また、現在借用書に書かれているのは、借用書の題名と貸主借主の署名のみですが、これだけでも十分有効な借用書が作成できたといえます。ですが、通常通りの数字で貸した金額を記載してはなりません。10万なら100000円でも、¥100000でも問題はないですが、改ざんを防ぐのであれば、10万の場合は、金壱拾万円也や¥100.000円と記載した方が効力は高いです。

完済の最終期限

ポイント

ここまでご紹介した方法では、まだ返済の期間が記載されていません。期間が指定されていない借用書の法的解釈は、“貸主の都合の良い時”が返済日として指定されます。例えば、貸した人が「明日の夜明けまでに返して」と言う事で、有効な支払日となってしまうのです。期限をきっちりと決めない事で、借主の都合が優先されるという事になります。現実的には、お互いが話し合って期限を決めた方が良いので、きちんと話し合って明確に記載しましょう。

確実な日付を記載
ボールペン

または、金額的に1度の支払いは、しんどい事もあると思います。その際に は、「○円ずつ毎月払う」といった形で記載するとよいでしょう。ですが、この方法だと何日に払 うかわからなくなってしまうので、「○月○日に○円ずつ」という明確な支払期日を記載しなけれ ばなりません。更に明確にしたいのであれば、「平成○年○月○日から平成○年○月○日まで、 毎月○日に○円ずつ○回払いで支払う」といった確実な日付を記載しましょう。その場にカレンダーがなければ、 買ってでもしっかりと記載しておく必要があります。間違っても無記載などということがないようにしましょう。 記載がないということは後から書かれても文句は言えず、また相手のいいようになってしまうのです。

借用書の書き方の基礎的知識