確実な書類にはハンコが必須となることを学んでおきましょう

サイトマップ

トップバナー

借用書のハンコの必要性

本人の意思確認の方法の1つ

借用書には、ハンコが必要です。ハンコは、本人の意思確認の方法の1つとなっているので、最終的な意思表示を確認するためには、必要不可欠な物となっています。ですが、契約を行う際には、口約束での成立も可能なので、ハンコが押されていない借用書でも、効力はあります。ですが、ハンコが押されている借用書とハンコが押されていない借用書では、信用度が大きく異なってきます。

手書きの方が効力が高い

例を挙げれば、本人が直筆で記載する著名と、ゴム印、ワープロ、パソコンで記載してしまった借用書のケースを考えると、人が直筆で書いた際には、後で「こんな借用書見たことない」という言い逃れをする事が難しくなります。ですが、記名の場合、本人の直筆ではないので、本人の意思確認をする為に、必ず、ハンコを押して貰わなければなりません。と、言う事は、借用書は手書きの方が効力が高いという事になります。

また、日本では、署名押印、記名押印が契約する際に必要不可欠な通例となっているので、借用書にも、必ず押印を押してもらわなければなりません。万が一、借用書を作成する際に、ハンコを忘れたのであれば、拇印でも問題はないので、何かしらの意思確認が出来る物を施して貰わなければなりません。

ハンコの種類によって変わる信頼度

ポイント

お金の貸し借りは、口約束で成立するという点があるので、借用書にハンコがなくとも、有効な証明書類となる事が出来ます。ですが、ハンコには、様々な種類があるので、そのハンコによって借用書の信頼度が異なってきます。大切なお金の貸借に使用するハンコなのですから、もっとも確実な契約書を作成する為に、ハンコの種類を確認する事を忘れないでください。

実印を施した借用書
実印

現在、どこでも簡単に手に入る印鑑ですが、本人の直筆じゃない記名であれば、ハンコ を認印にすると、本人が同意し、契約したという判断が難しくなります。高額なお金の貸借での借用書は、 認印を避けなければなりません。では、1番確実なハンコはどのハンコなのでしょうか。それは、実印です 。実印を施した借用書ほど、信頼度が高い物はないのです。実印は、登録してあるハンコのことです。契 約書には、実印を押す事で効力を高める事が出来ます。そして、印鑑証明書を合わせる事で、更に借用 書が意味を成すのです。このように印鑑というものは日本において非常に大きな役割を果たすことを しっかり知っておきましょう。ただのハンコ、という確認程度のものでなく、大きな力を伴うのです。

借用書の書き方の基礎的知識