借用書の印紙の必要性を理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

借用書と印紙

印紙に必要な税金

借用書には、基本的に収入印紙が貼ってある事を覚えておきましょう。ですが、どうして印紙を貼りつけるのでしょうか。印紙を貼りつける理由は、同様の法律で指定された文章を作った場合によって、印紙に必要な税金を納めなければならないという規定が施されているからです。なので、この仕組みの大本は、国が税金を取る為に誕生した法律だといえます。

罰則を負担

こういった背景がある事から、印紙が張り付けてある契約書(借用書)であるほうが、裁判になった際に、より確実で効力のある証拠として扱われるという事ではないのです。万が一、印紙を貼りつけなかった場合であっても、借用書や契約自体の効力に関しては、影響がありません。ですが、印紙を張り付けて、印紙税を納めなかった際には、罰則を負担しなければならないので、注意が必要になります。

また、印紙税の納付は、基本的に作られた課税文書で決められ た所の定義の額面の収入印紙を使用する事によって、印章、または、署名で消印する事によって行わ れる方法である事を知っておきましょう。またこの印紙を貼りつける事によって、印紙税 を納めなければならないという課税文書を作った人は、納めなければならない印紙税を課税文書を作 るまでに納付しなければなりません。個人間の貸し借りなどの場合、このような印紙代など何も必要ない と勘違いしている人が非常に多いのでしっかりと知っておきましょう。

印紙の必要性

ポイント

印紙税を納付しなければ、納付税の2倍にあてられる金額と、合計された金額を撤収しなければなりません。それは、始めに納付しなければならない印紙税の3倍にまで上りつけているという事です。ですが、調査を受ける際には、自主的な不納付を申し出た際であれば、1.1倍に倍率を下げる事が可能となっています。なので、きちんとした納付を行わなければ、より損をしてしまう契約だという事になります。

様々な注意点を守る事
印紙の取扱い

張り付けた印紙の指定された方法によって、消印を押さなければ、証明され ていない印紙の側面に値する金額の過去税が回収されるのです。また、過怠税は金額が法人税の損金や 、所得税として必要となる経費は参入されていないので注意しなければなりません。様々な注意点を守 る事によって、お金の貸し借りをする際には、必要不可欠な方法となっている事を理解しておきましょう。 お金を貸しただけなのに、自分で費用を余計に負担しないといけないなんてもったいないですよね。

借用書の書き方の基礎的知識