借用書のルールを破った行動は法的に触れてしまうことを学びましょう

サイトマップ

トップバナー

お互いのルール

犯罪行為や民事上の不法行為

まず、借主側が守るべきルールについてご説明致します。金銭借用書を作ってもらう為に、面談した際に、興奮してしまい、乱暴な行動に出ることはやめましょう。度が過ぎてしまうと、犯罪行為や民事上の不法行為となります。また、「返さないとただじゃすまない」、「家族がどうなってもいいんだな」という相手を脅す行為は、脅迫罪として訴えられたときに、勝ち目がないので気を付けましょう。

私文書偽造罪

また、借用書に借主の署名を勝手にして、借用書を作成すると私文書偽造罪になります。そして、公証人の嘘の事実を申告する事によって、虚偽となっている公正証書を作ってしまうと、公正書原本不実記載罪になってしまいます。また、相手に物を投げつけると、暴行罪にあたり、傷を負わせてしまうと傷害罪になるので、気を付けましょう。また、怒りのあまり相手を侮辱する行為は、侮辱罪として裁かれます。

また、ネットで相手の実名を載せ、誹謗中傷する行為は名誉棄損罪になります。こういった行為は民事不法行為として賠償責任の対象にもなってしまいます。更に、相手側のプライバシーも守りましょう。そして、ギャンブルで手に居れたお金を請求するのは、ありえない事です。賭博は公序良俗に反している行為となるので、賭博で出来た借金は、民法90条の公序良俗で反し無効となってしまうのです。

借主のルール

ポイント

借主が「家族がどうなってもいいんだな」と、あなたを脅すような事を言って来たら、迷わず脅迫罪で訴えましょう。そして、借用書などの書類を貸主が破いてしまったら、私用文書毀棄罪になり、また、借主がものを投げれば、暴行罪として訴える事が出来ます。借主が万が一、あなたが所有している物を壊したりした際には、強制執行免脱罪や、器物損壊罪として扱ってもらえる可能性があります。

賠償責任をする事が可能

そして、このような罰せられるべき行動をとっている借主には、賠償責任をする事が可 能となっています。万が一、貸主がこういった行動をとっているのであれば、毅然とした態度で、犯罪になる事を伝え て、動きを止めるように伝えましょう。また、犯罪行為に対しましては、警察に被害届や、告発状、告訴状を提出す る事も可能となっています。借主だからといって、縮こまらずに、ダメな事はダメだと伝えましょう。その上で借用書上に 載っている記載事項とズレがないか、などしっかりと確認して後に対応していきましょう。細かいことでも気になれば確認して 修正をその都度行うようにしましょうね。

借用書の書き方の基礎的知識